テサラン

テサランの使い方について

更新日:

テサランは1日何回塗ればいいのか?

テサランは1日何回塗ればいいのか?
テサランを塗るタイミングですが、口コミによれば、まず朝起きた時に塗り、その後しばらくしてトイレに行った時にも塗るという人が多いようです。

その後は、夕方ごろ、就寝前にそれぞれ1回。

というわけで、回数では1日に4回ぐらいが平均的なものでしょうか。

でも、気温や湿度が高くなって汗が出やすい日は、塗る回数は増えます。

手汗が多い人なら、もっと頻繁に塗っているでしょう。

テサランの効果の持続時間

テサランの効果は72時間持続するといわれています。

72時間といえば3日間です。本当なのかと思って口コミ情報を調べてみると、これは72時間汗が出ないという意味ではなく、「雑菌の発生率が最大72時間0%」と言うことです。

つまり、テサランは、菌を72時間押さえ込むことで消臭効果をあげるわけです。

では、肝心の制汗に関しては、何時間ぐらい効果があるのでしょうか?

この点は個人差があるのですが、口コミによれば「朝塗ると昼ごろまでは汗が抑えられた」と回答された人がいます。

そこまではもたず、2時間ぐらいかな、という意見もありました。

たとえ2時間としても、市販されている制汗剤やスプレーと比べれば、圧倒的な持続時間です。

現在は色々な制汗剤が売られていて、そのなかには香料で汗のニオイをごまかすだけなのに「効果がある」とうたっているものもあります。

そのようなものと比べれば、テサランの優秀さは飛び抜けています。

テサランの使い方

使用方法はいたって簡単。クリームを手のひらに取り、塗り広げるだけです。使用量は米粒くらい。最初は1日3回くらい塗りましょう。

手汗をかく前に使用することがポイントです。

テサランは汗腺にカバーをして汗を防ぐため、手汗をかく前に塗らないと意味がありません。

手を洗った直後がオススメのタイミング。

つけたあと手を洗うと効果が半減するので、その場合は塗り直して下さい。

テサランの成分の詳細

・クロルヒドロキシアルミニウム
制汗の効果があり、また殺菌にも役立ちます。

・柿タンニン
柿から抽出した成分で、抗菌作用を備えています。

・ツボクサエキス
保湿に効果を発揮。肌の潤いをキープします。

・茶エキス
お茶から抽出したもの。抗菌作用を持ち、肌に潤いを与えます。

・カンゾウエキス
抗アレルギー・美白・抗炎症作用を備えています。

・オウゴンエキス
炎症や皮膚の老化を防止する働きを持ちます。

テサランの2つの主成分

テサランに配合された主成分は2つ。「クロルヒドロキシアルミニウム」と「イソプロピルメチルフェノール」です。

クロルヒドロキシアルミニウムは、制汗効果のある成分。これまで制汗成分として有名だったのは塩化アルミニウムですが、副作用がひどいため、テサランでは安全を重視してこの成分を採用したのです。

そして、イソプロピルメチルフェノールは消臭成分。シメン-5-オールともいわれます。

この2つの成分が汗を防ぎ、殺菌・消臭を行います。

テサランの口コミ評判は?

-テサラン

Copyright© 『本当に効いた!テサランの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.