テサラン

テサランを使用している時の手洗いについて

更新日:

テサランのエキス成分について

天然エキス
「デトランスα」「ファリネ」「オドレミン」など、色々な手汗対策用の薬類が販売されています。

そんな中でも、テサランは特に人気のある商品。

特筆すべきなのは、汗への対処だけでなく、手のひらのニオイをケアする消臭効果、さらに保湿、抗菌、抗炎症などの美容ケア効果をあわせ持っているところでしょう。

テサランには以下のような様々なエキス成分が配合されており、それらがしっかりと肌の奥深く浸透してくれるのです——

カキタンニン

柿渋(かきしぶ)とも呼ばれ、渋柿の果汁を発酵させたものです。防腐、防水効果が古来から知られており、塗料や染料に活用されてきた歴史があります。

一方、悪臭の原因となるタンパク質と結合し、ニオイのない他の物質に変えるという性質があり、悪臭の根源自体を消し去る効果を持っています。

さらに殺菌・防菌の働きも備えていて、ニオイ対策の化粧品、クリーム、ジェルなどに盛んに配合されているエキスです。

ツボクサエキス

セリ科の植物ツボクサの葉から取られたエキス。

日本でも昔から薬用の植物として知られており、傷や炎症などの治療に使われてきました。

インドのアーユルヴェーダでも若返りのハーブと見なされ、さらに瞑想用薬草としても大事にされています。

アジアチン酸、マデカシン酸といった成分を含んでいて、強い抗菌効果が期待できます。

カンゾウエキス

カンゾウは漢字では「甘草」と書きます。ユーラシア大陸で広範囲に渡って自生している生命力の極めて強い植物。

ギリシャやエジプトといった古代文明でもすでに医療薬として使われており、漢方でも使用頻度の高い生薬で、様々な調合薬に配合されています。

またグリチルリチンという含有成分が甘みを持っていて、加工食品の甘味料として欠かせません。

さらに成分のひとつ、イソリクイリチゲンに抗炎症作用や抗酸化作用があるため、肌ケアの化粧品などに盛んに使われています。

オウゴンエキス

オウゴンは中国北部、モンゴル、朝鮮半島の山岳地方で自生しているコガネバナの根を乾燥させたもの。漢方の世界でよく使われる生薬です。

バイカリン、バイカレイン、ステロール、糖類などを含み、抗菌、抗アレルギー、保湿の働きがあります。肌ケア用商品の定番成分のひとつでしょう。

イタドリエキス

イタドリは日本全土で見ることのできる雑草。スカンボ(酸模)という名で知っている人も多いでしょう。山菜として惣菜の具にされたり、戦時下の物資欠乏の際はタバコの代用品として使われました。

また乾燥させた根はレスベラトロール、有機酸、糖類、タンニンなどを含み、抗炎症作用、鎮静効果を持っています。

チャエキス

日本人の生活に欠かせないお茶ですが、その葉にはタンニン、ビタミンC、ビタミンE、アミノ酸などが含まれていて、その薬効も見逃せません。

抗酸化、殺菌、抗炎症作用のほか、近年話題となったフリーラジカルを除去する働きがあり、アンチエイジング用のサプリや化粧品に盛んに配合されています。

テサランの口コミはこちら

テサランは汗予防の商品

汗予防
制汗剤には色々ありますが、テサランの特徴は、手汗を止めるのではなくて、予防する、という点。つまり汗が出た後にそれを止めるという効果はあまり期待できないのですが、朝しっかり塗っておくと汗自体が出にくくなり、手汗の悩みが軽減されるのです。

予防のためには汗腺にきちんと成分を浸透させる必要があるので、塗る時は手のひらに余計な皮脂や汚れがないようによく洗い、さらに完全に乾燥させなければいけません。

つまり順序としてはまず手洗い、次にテサラン、ということになります。

また、就寝前にテサランを使うのもおすすめです。

-テサラン

Copyright© 『本当に効いた!テサランの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.